2009年03月08日

クレオパトラが愛したバラ!

バラの歴史を調べると
4000年前〜とかいろんな説がありますが
何千年も前からいくつかの異なった種類のバラが存在し、地中海東部沿岸から西アジアといった
乾燥した荒野の地を好み、繁殖していたらしいです。。

昔、アレキサンダー大王も香りに関心を持ち調合の研究もしていたと云われています。
男女とわず、使われていたんですねぇ〜

バラやバラ水は
「アラジンと魔法のランプ」の中にもバラ水を気付け薬として使う場面もありますょ!

バラを愛する女性が多いですが

精油が採れる量は極めて少なく3トンのバラの花弁から1kgしか採れません。1滴の精油には約120個の花の香りがつまっている考えになりますね


アロマテラピーの学びの中で有名な
イブン・シーナ
彼が行ったバラ治療の代表的なものは

中枢神経系(脳活性化)
口腔(唇の炎症)
消化器系(腸の病気)
外用
目の疾患
呼吸器系
婦人科系
スキンケア

など、たくさん昔から使われています。
1000年前からですよ!

日本でいうと
鎌倉時代頃ですね!


今日は

ローズの香水を作りたい(*^_^*)と、お客様!

春ですものね!

私も一緒に作りました☆
ダマスクローズ10滴も入れちゃって
超高級香水です(^-^)

今度、私のそばに来たらバラの香りがしますょぅ〜

ウフフ〜♪



同じカテゴリー(アロマ商品)の記事画像
若さを維持するフランキンセンス☆
美味しいケーキ〜p(^^)q
14日には…マカロン♪
病院で…。
甘〜ぃ香りに誘われて…♪
GOOD!☆アイテム!(^^)♪
同じカテゴリー(アロマ商品)の記事
 若さを維持するフランキンセンス☆ (2010-05-26 20:00)
 美味しいケーキ〜p(^^)q (2010-03-17 15:39)
 14日には…マカロン♪ (2010-03-12 13:01)
 病院で…。 (2010-03-11 20:04)
 甘〜ぃ香りに誘われて…♪ (2010-03-05 17:55)
 GOOD!☆アイテム!(^^)♪ (2010-02-05 19:41)

この記事へのコメント
バラの精油って、貴重ですね~~~!!
すごい・・・

今度は、バラの香りの香水も作ってみたいですね~~*^^*
Posted by うろこカフェ at 2009年03月08日 22:38
うろこカフェさん

今日の香水は
ローズオットー&アブソリュートのみで作ったので

超〜ローズ (*^_^*)

〜うっとり〜しに
来てみてちょうだぃ!
(^^)v
Posted by さくらアロマテラピースクール at 2009年03月09日 02:07
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
クレオパトラが愛したバラ!
    コメント(2)