2008年09月19日

ローズヒップpower

女性の体を内側と外側からサポート 「ローズヒップ」の豊富なビタミンやミネラルは体調を整えるばかりでなく、女性にとって健康以上に
気になる「美肌」にも大きな影響をもたらす事がわかり、最近ではローズヒップ関連商品を目にする事も多くなりました。
ティーやジャムはもちろん、ソープ、ローションクリーム

美肌に、貧血予防に、眼精疲労に、風邪予防に〜
女性の救世主、ローズヒップティー
万能ハーブの代表選手、ローズヒップがどうして身体に良いのでしょうか。
その主たる有効成分は大きく分けて6つメカニズムを、知れば知るほど身体が素直に反応するから不思議です。

【ビタミンC】
レモンの7倍とも言われ、コラーゲンの生成を助けるので、シミやソバカス、シワができにくい肌を釣る作ります。
粘膜を強化することにより風邪予防にも。ビタミンPも含有されて
いることで、ビタミンCが熱で壊れにくくなっています。

【カルシウム】
牛乳の10倍とも言われ、肩凝りやイライラを予防します。
筋肉をスムーズに収縮させる働きもするので、足がつる方にもおすすめです。

【鉄】
ほうれんそうの2倍ともいわれ、貧血を予防します。欠乏しやすい
ミネラルの一つ。筋肉中では血液中の酸素を筋肉に取り入れる
働きをするので、息切れ、めまいのある方に。

【βカロチン】
トマトの8倍とも言われ、体内で一部がビタミンAに変化し、粘膜や皮膚組織の活性化に役立ちます。眼精疲労、肌荒れ
しにくい身体を作ります。風の予防にも。また、老化対策としても
期待されています。

【食物繊維】
栄養素の吸収を緩やかにしたり、有害な物質を排出する働きを助けます。便秘解消に。

【ペクチン】
水溶性の食物繊維で、細胞間の結合物質です。有害物質を排出させるので、ガンの予防にも効果が認められています。


乾燥、ハリ、しみ〜
肌の衰え3大要因をクリアにする、ローズヒップオイル夜、ローズヒップオイルを顔に塗ってベッドへ。翌朝、そのしっとり感に誰もが驚きます。その種たる有効成分はリノール酸やαリノレン酸などの不飽和脂肪酸です。

これは細胞膜の機能性を高めることで、細胞分裂を盛んにする脂肪酸なので、皮膚の細胞成長促進が期待できます。
皮膚の老化、シワ、シミ、くすみ、そして傷痕対策におすすめです。


ちょっと
毎日出来る事から
始めよう!

自分が変わると
未来が変わる

(^^)v

良いこと
言うな〜〜〜!!


同じカテゴリー(ハーブティー)の記事画像
ラベンダー咲きそう〜(^^)
カレー屋さんで…。。
赤ーいエネルギー!(^0^)/
クリスマス限定〜♪(^^)
チャイの季節〜(*^^*)
ペパーミントと切子ガラス♪♪
同じカテゴリー(ハーブティー)の記事
 ラベンダー咲きそう〜(^^) (2010-03-13 15:26)
 カレー屋さんで…。。 (2010-03-07 10:02)
 赤ーいエネルギー!(^0^)/ (2010-01-30 15:36)
 クリスマス限定〜♪(^^) (2009-12-12 18:55)
 チャイの季節〜(*^^*) (2009-10-05 17:01)
 ペパーミントと切子ガラス♪♪ (2009-07-04 23:14)

この記事へのコメント
ローズヒップはハーブティーでいつも頂いています。美白効果があるって昔からいってますよね。
Posted by オレンジ at 2008年09月21日 18:35
オレンジさん

いつもありがとうございます。
ローズヒップはハーブティーで飲まれ後、ヨーグルトなどの混ぜて食べても大丈夫です。
これから寒くなって、免疫も落ちやすいですからビタミンCはしっかり取りたいですよね。
私はストレスを感じたらハーブティを多めに取るようにいてます。
Posted by さくらアロマテラピースクール at 2008年09月22日 13:32
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ローズヒップpower
    コメント(2)